統一教会で結婚して韓国で暮らしています。

私は1995年の統一教会の合同結婚式で韓国人と結婚しました信仰を持つようになって10年経っていました私の年齢は30歳夫は32歳でした

教義を信じていた私は必ず幸せな結婚生活を送れると思っていました韓国という国がどんな国かも知らず漠然とした不安を抱えながらも信仰できっと乗り越えられると信じて自分の人生をかけました

合同結婚式で同じように韓国人と結婚した人たちはみなそのように思って渡韓したはずです夫との結婚生活をするまでには私の時は4か月の教会生活が必要でしたやる仕事は世界日報の配達です

1992年に結婚した人たちは30歳以前なら3年の教会生活が必要で1988年に結婚した人たちは4年もの長い間家庭を持つことができませんでした

最初の二か月はソウルで後の二か月は釜山でした結婚相手との生活を待ち望む男性が多かったため急きょ男性の家の近くの教会に配属されました

当時韓国では日本人の女性と結婚できると教会で募集して集まってきた男性ばかりを集めていました当然信仰はなく教会で禁じられているたばこもやる人たちです

そんな事とは知らない日本人女性たちが今後どれほど苦労するか私がこの21年に渡って暮らしてみてたくさんの不幸な事情を見聞きしてきました私にとっても例外ではありませんでした

夫は見た目にはとても優しく家族も暖かく迎えてくれました私は実家の家族にろくに紹介することもできずに渡韓してしまったためその応対にはとても感動感謝の気持ちでいっぱいでしたきっと大丈夫信じて疑いませんでした

しかし夫は私の気持ちなど全く知らず教会で禁じているたばこをやり夫の友人たちが私のために集まって祝福してくれたというのにたばこを買って来いと言われてとてもショックを受けました

酔った友人の一人はたらいを割ってしまいましたその衝撃は到底言葉では言い表すことはできませんそのあとカラオケに行ったのですが涙が流れてトイレで泣いていると夫は怒って私を怒鳴りつけました

私の気持ちより体裁が大事だったのですそのうちに妊娠していることがわかりました私は正直不安でした初めての妊娠で外国住まいで言葉もまだよくわからない状態です

妊娠期間に痔になったり赤ちゃんが生まれそうになって3日間入院したり日本で出産するつもりでしたが帰ってからも出産10日前まで入院したりと忙しい日々でした

その妊娠期間に夫の正体がわかる出来事がありました地下鉄に乗った席がなかったので二人で立っていました妊娠7か月くらいだったのでお腹が大きかったです席が一つ空きました当然妊婦の私に席を譲るだろうと思っていた私の予想に反して夫が何も言わずに席に座ったのです

普通の感覚ならそこで私を座らせるだろうと思いますしかし夫は私の反応を試していたのです私は急なことで唖然としてしまい夫に何も言う事が出来ませんでした

どこまで私が夫を許すのかDV夫のためし行動がすでに始まっていましたそして日本で子供を出産しまもなく二番目の子供を妊娠していましたこの妊娠もまた不安を抱えたままの状態でした

最初の子がまだ手のかかる時期です流産させろと言う親戚もいましたそんなことを言う親戚にも驚きましたが教義では流産は禁じられています頑張って生むしかありませんでした韓国生活に慣れるのも大変なのに子育ても加わって目が回るほどの日々でした

夫のご飯と私のご飯子供のご飯と3種類のご飯を用意していました横になる暇もないほど忙しかったですそんなまたしても夫が私に対して怒りを表現してきました

心身ともに疲れていた私は義母の所に行くことを断ったのですお腹は大きいし上の子はいるし田舎に行けば神経も使います何よりも言葉が通じません田舎の方言は到底聞き取れませんでした

そんな私に怒った夫は妊婦であるにも関わらず腕をつかんで私を放り投げそのまま田舎の義母の所に行ってしまいましたこのことで我慢の限界に達していた私は教会の先輩の所に行き教会を辞めたいと申し出ました

それを間接的に聞いた教会長は私を問題児として扱うようになりました教会を信じて異国に嫁ぎ誰の助けも求められない状況の中で必死で生きてきましたが本当に限界でした

お腹の子供はそんな私のストレスを感じたのでしょうか8か月の早産で生まれてしまいました最初の子も二番目の子も夫が不在の出産でした

夫のDVがもっと具体的にわかるのは何年か後のことです当時DVのことは広く知られていませんでしたネットに接するようになって自分の置かれた立場を理解するようになったのは鬱を発症して別居するようになってからのことです

あまりにもひどい夫のDVから逃げて別の場所に住居を移してから10年になります日本に帰ることはできませんでした実家が子供の受け入れを拒否したからです

安易な気持ちで韓国人との結婚をしてしまった報いなのでしょうか言葉にはならない精神的肉体的な苦労を重ねて何年もほぼ寝たきりの生活から立ち直って今は夫と別居の状態ですが穏やかに暮らしています

言葉の文化の壁を超えるのは難しいです相手が人格障害を持っていればなおさらです国際結婚をする方たちには離婚の際に発生する問題書類なども調べてから結婚することを強く勧めします私の体験談を読んでくださりありがとうございました