「国際結婚 配偶者ビザ取得までの道のり」

国際結婚は、結婚の手続き自体はすんなりいけるんですよ。結婚は自由ですからね。

でも、外国人が「日本人の配偶者」として日本に在留するには、たくさんの書類を集めて入管の審査を経ないと許可が下りません。

今回は、「日本人の配偶者等」の在留許可(いわゆる配偶者ビザ)を取得するまでの手順を紹介します。

唯一にして最大のハードル、在留資格認定証明書

これをまず取得しないと短期滞在を除いて、何のビザも申請できませんので、日本に来ることもできません。

ここに国際結婚で一番ハードルが高く、皆さんが悩む書類があります。それは「質問書」です。

外国人の違法行為が増加している中、自由に就労ができる配偶者ビザは狙われています。偽装結婚を防ぐために、この質問書が重要な判断材料となるのです。

これは、夫婦のうち日本人が記入することになっています。(必要書類は法務省サイト参照)

・お互いの言語を話せるのか、どうコミュニケーションをとるのか
・初婚か再婚か
・お互いの国に行った事があるか、何回
・結婚式はしたか
・この結婚を互いの家族は知っているか

などと言ったことを選択・記述式で書いていきます。

更に、自由記述で「夫婦がどこでどう知り合ってどんな風に結婚するに至ったか」を書くページがあります。皆さんここで頭を悩ませるんですよね。実際に書くスペースは1ページほどあるのですが、中にはこと細かくたくさん書いて別紙までつける人もいます。

例えば、「出会って大して経過していない・あまり会っていないのに結婚してビザを希望している」「過去に日本人との離婚歴がある」「夫婦の年が離れすぎている」といったケースは偽装結婚を疑われやすいです。

この記述部分は重要なのですが、あまりごちゃごちゃ書いてもかえってわかりにくいので、履歴書風に淡々と書いていくことがお勧めです。手紙のように「入管様お願い!」と書くのではなく、あくまでも経緯を説明すればいいだけなのです。
夫婦のスナップ写真も添付必須なのですが、互いの家族と一緒に移ってる写真も添付するとより真実性が増します。

書き上げて入管にて申請後、3ヶ月以内に結果が届きます。許可なら在留資格認定証明書そのものが届きます。そこには「日本人の配偶者等」と書かれています。

ようやくビザ発給!

在留資格認定証明書が届いたら、外国にいる配偶者に送ってください。3ヶ月のみ有効なので、その間に在外日本大使館に提示して晴れてビザ発給です。そして日本入国時に空港で在留カードが発給されます。

もう配偶者が日本にいるときは?

外国人配偶者が日本に短期滞在している間に認定証が届いたら、入管で「在留資格変更申請」をしてください。「短期滞在」→「日本人の配偶者等」に在留資格を変更しなければなりません。
入管側の手続き上の都合で、在留資格認定証の申請と同じ書類を出さなければいけないのですが(質問書もです。スナップ写真は不要です)、入管で即日許可が下りて在留カードも発給されます。

決して楽な手続きではありませんが、業者に頼まずセルフでも十分にできます。ただ、数ヶ月単位の大仕事ですね。でも、真実の愛なら乗り越えられるでしょう!