国際結婚の際、最初に悩む事の一つに改姓(名字を変える)がありますよね。日本人同士の結婚のときに「姓を選択する欄」があるのに対して、外国人との結婚ではその欄は使いません。基本的に変更しないんです。自分の姓を変えたいなら結婚後半年以内に、役所に別の届出が必要になります。

あなたは改姓しますか?

私は女性ですが、改姓しませんでした!特に相手の姓が嫌だったと言う訳ではありませんが、いくつかの考えがありました。

改姓の必要がある?

今でも日本では女性が結婚時に改姓するときが殆どですが、私はその必要性を元々感じていませんでした。更に国際結婚をして、夫は中長期在留外国人という扱い。私は世帯主、外国人は戸籍を持てませんので戸籍にも私の項目しかありません。

結婚して国外に住むならまだしも、私夫婦は日本在住です。更に、夫の国に行ったときには私は夫の姓を普通に名乗ることができますし、私の姓とくっつけることができるのです。これは、各国の状況で変わると思うのですが、私の場合は「日本では日本の姓を使おう」と言う考えに至り、改姓の必要性を感じなかったのです。

実際仕事や生活で不便・・・

正直言うと夫の姓がとても長いのです。夫が書類を作成するときも、大抵苗字のマスに入りません。私が改姓したら、職場の名札にも入りきりませんし、同僚や客は私のことを何と呼べばいいのでしょうというレベルなのです。印鑑やらカードやら何から何まで全て改姓しなければいけなくて、更に複雑な姓にしなければいけないのですから、そういう不便な思いをしてまで改姓する必要はないと思うのです。

「愛があればできる!慣れてくるだろう」と思うでしょうか?きっと、いちいち周囲に説明するたびに、嫌になってこないかと心配になってしまったのです。それなら、これまでの慣れ親しんだ姓で良いと思いました。

子供ができたときのことを考えた?

戸籍には私の項目しかありませんから、子供が生まれたときは自動的に私の姓を名乗ることになります。つまり、私が日本姓だったら子供も日本性。私が外国姓だったら子供も外国姓になります。日本も、夫の国も血統主義です。特に夫の国は、父系の姓を継ぐことになっています。ということで、日本では私・夫の国では夫の姓で子供の名前を登録できます。なので夫とは揉めませんでした。

もう一生別姓なの?

もし、あとになって「夫と同じ外国姓にしたい」と思ったときは、家庭裁判所に申し立てが必要です。その際に、ちゃんとした理由が必要です。「やっぱり変えたくなった」と言う理由では通らず、それまでに外国姓を実際に使用している[証拠]をいくつも提示することが求められます。そうそう簡単には変えられないのです。

相手の理解は?

私の夫は、最初はなかなか理解してくれず、この話題になると険悪になりました。しかし、同じ国の出身で日本在住の友人や親戚の話を聞いて、私の決定に賛同してくれたのです。ついでに言うと、夫は私の日本姓に改姓しようとは思っておらず、最終的に「じゃあお互いそのままで!」と言う結論に至りました。

これまで私個人の場合を挙げてきましたが、決して改姓をするなと言っているわけではないのです。改姓して、職場だけ旧姓を使用している方・改姓しないで、日常生活で外国姓を名乗っている方もいますし、私と同じく、改姓しないでそのままの方もいます。ただ、繊細な事柄ではあるので、よく話し合ったほうがいいですね。