台湾人男性 国際結婚 体験談

 

私は今、関西に住む25歳の営業職のサラリーマンなのですが、昨年友人に台湾から日本に働きに来た友達がいるから仲良くして欲しいと紹介されました。そのことがきっかけで今は幸せな日々を過ごしています。今回は、台湾人彼と出会ったきっかけと、付き合うまでの道のりを紹介していきます。

私が最初に外国人に興味を持ったきっかけは、中学生の時で、大学の時は国際ビジネス系の学部に所属していました。そこから普通の日系企業に就職し、(海外との関わりはありません)彼氏もできないまま日々を過ごしていました。

そんな時に、大学時代の友人がたまたま台湾から日本で働きに来た友達がいるから仲良くして欲しいと台湾出身の男性を紹介されました。

最初はメッセージのやりとりだけで、お互い会うかどうかは現実的ではありませんでした。しかし、ある日彼の方から『今日空いていますか?』と連絡がきて会うことになりました。初めて見る彼は、細身で顔がすごく小さく、目がクリクリしていました。聞くところによると、その日彼は思うように日本語で自分の思いを表現することが出来ず、自分の中でとても悔しい思いをし、それを誰かに聞いて欲しかったとのこと。

初めて顔を合わせて話すと、お互いの考えや育った環境などがとてもよく似ていました。そして何より自分以外の人間と話しているという緊張感もなく、あっという間に時間が過ぎていきました。これは私にとってとても不思議な感覚でした。彼もその時同じことを言っていて、その日はありがとう!と握手をして別れました。

この時私には彼に対しては恋愛対象という感覚がありませんでしたから、実家の母親にも台湾の友達ができたととても楽しく帰路の中で報告しました。

後日談ですが、この時彼の中では考え方が近く、話し方が面白いというのもあって気になり始めていたみたいです。そこから次の日もまた次の日もたわいのない会話をメッセージを介してしていました。(その頻度は今から考えれば驚くものでした)。

そしてある日突然、今まで恋愛遍歴について触れてこなかった彼が、恋愛に対する考え方や今までの恋人について聞いてくるようになりました。その時はただの会話として受け止めてはいました。

忘れることが出来ない人がいると話した時に、忘れさせてあげると言われ、そこからアプローチが本格的に始まりました。私自身、まだ忘れられない人がいたのと、本当に彼を好きなのかどうかという感覚でしたのでごまかしていました。

また、母親から彼の話をするたびに友達だけにとどめときなさいよと釘を刺されていたため、彼のことを気になろうとすれば自分で制限をかけていました。

次の日、会おうということになり、普通に食事をしてカフェで話そうということになりました。その時にもう一度気持ちを伝えられ、私は少し悩みたいと答えましたが、その日帰った後の電話で猛アプローチをうけて付き合うに至りました。

 

外国人の彼と交際して良かったところ

台湾人男性 国際結婚 体験談

 

丁寧に伝えないといけない意識があるので、お互い思っていることや伝えたいことを丁寧に伝え合えること。

愛情表現が豊かなので安心できるということ。

比較的台湾の方は純粋な少年のような人が多いので、良いも悪いも思ったことやあったことは口にするので発言に対して疑う労力がいらない。

日本に働きに来ている外国人は何かしら目標があって来ている人が多いので、自分自身にも刺激になる。

 

外国人の彼と交際して悪かったところ

親の反対にあう。特に25歳ごろの女性であれば、結婚後は海外に行ってしまいやすいので、最初から賛成のご両親でなければ、猛烈な反対にあいます。

結婚も見据えない相手と付き合うなという風に付き合うことすらも困難な場合があります。

相手の言語がわからず嫉妬深い女性の場合、相手が電話で女友達と話していると気になったり不安になったりすることもあります。

 

外国人の彼とのデート内容

台湾人男性 国際結婚 体験談

 

家でのデートが多いです。台湾では特に、外食が主なので、手料理を振る舞ったりして彼の味覚にあうとがっちり気持ちをさらにつかめます。

また、時々日本の庭園や雪、紅葉を見に行ったりと台湾にはないものを遠出していく感じです。

また、付き合って3ヶ月も経てば友人、両親に紹介されます。

外国人と付き合うときの注意点は、相手の文化と日本の文化の違いに理解を持つことです。決してどっちが正しいなどという観念は持たないことです。どちらもお互いの育った環境の物差しなのです。

また、相手が聞き取りにくいことがあったりするので、何か話している時に聞き返されたりします。慣れてしまってくると、もういい!と言ってしまったり、聞き返されると嫌な顔をしてしまう人がいます。それは大きなタブーです。聞き取れなくて当たり前とおもって、自分が相手に伝えたいから話したということを忘れず伝えましょう。

 

外国人と付き合うことが向いている人

台湾人男性 国際結婚 体験談

 

特にはいないと思います。外国人!!!とおもって接するのでなく、一個人として接して、その人の文化に理解を示せるようにすれば自然と仲良くなり、フィーリングが合えば付き合うことになります。
ここは日本人も一緒です。