フランス人男性のキスはどんな感じなの?

フランス人男性との「キス」と聞くと、なんだかとんでもなく”アムール”なイメージですね。どこまでも甘く、いかにも「恋色」が濃いように感じます。では、実際フランス人とのキスはどんな感じなのでしょうか?

いきなりほっぺにキス!

フランス人の習慣として、ビズ(bise)というものがあります。主に親しい人に合った時に、頬と頬を軽く合わせてチュッと音を出して左右の頬に交互に行います。親しい人とは、家族や親戚、友人などが中心です。人や地域によっては、2回から4回もするというので驚きです。

 

フランス人の彼の家に遊びに行ったときは、彼の家族や、おじいちゃんおばあちゃん、おじさんおばさんなど、多くの人たちと”ビス”をする機会がありました。「久しぶりだね。」のあいさつで”ビズ”、「また会おうね。」のお別れの”ビズ”などなど…1組に対して最低2回はほっぺにチュッとしていました。

 

日本に住んでいる女性が、初めてフランス人男性にほっぺにチュッとされてしまったら、状況によっては勘違いもしてしまいそうですね。これは、れっきとしたフランスの文化であり、習慣ですので、恥ずかしがらずに受け止めてあげましょう。ただ、日本に住んでいるフランス人は、日本人が”ビズ”の習慣がないことは知っているはずなので、「嫌だな。苦手だな。」と感じたら、無理に合わせなくてもいいと思います。

 

地域や人によっては、男性同士でも口に挨拶代わりのキスをしたり、強く抱き合ったりすることもあるということなので、日本人の感覚で考えてしまうと本当に驚かされることばかりです。ちなみに私の彼は親しい友人に会っても”ビズ”はしません。「オー!!久しぶり!!」といって、握手する程度です。彼によると、男同士(特に友人)とは”ビズ”をしたくない、ということでした。同じフランス人でもいろいろある、ということですね。

 

キスまでの距離

フランス人男性のキスはどんな感じなの?

フランス人のキスというと、どこでもなんでもキスしていそうなイメージですが、決してそんなことはありません。純粋に恋愛をしている人ほど、唇へのキスには時間をかけています。諸説ありますが、一般的にフランス人男性から好意を持つ女性への唇のキスは重みがあるとされています。”ビズ”で、ほっぺへのキスは、たくさん目にする機会も、受ける機会もたくさんあります。しかし、基本的には女性の口へのキスは、恋人にするキスの領域と認識されていることが多いのです。

 

フランス人男性とデートをしている時に、もし唇にキスをされたら、それは好意ある「しるし」と捉えていいでしょう。フランス人男性は、女性と一緒にいると「髪が綺麗だね」とか、「今日もカワイイね」とか、嬉しい言葉をたくさんかけてくれることが多いです。逆に、興味がなくなると、パタッと連絡が来なくなるというのも特徴です。実に、はっきりしています。キスも、もし唇にしてもらう機会があれば、彼らのパッションを信じて進んでいいと思います。

 

迫るのは厳禁…。

フランス人男性は、女性を追いかけるのが好きな方です。逆に、女性から追いかけられると、逃げてしまうことも少なくありません。キスも、フランス人男性から女性にするのが一般的です。あまり先走ってリードしてしまうと、相手が引いてしまうことも考えられるので慎重に行動しましょう。

 

また、「私たち、付き合っているの?!」と強く迫るのもおススメできません。フランスには「告白」してから恋人関係になるような恋愛システムはありません。よっぽどの遊び人でなければ、彼を信じて、自然に任せていくのが良策と言えます。

 

私がフランス人の彼と交際をスタートした時も、交際は自然に始まっていきました。二人でよく会うようになり、食事にも出かけ、夜中までワインやシャンパンを飲みながらいろんなことを話し続けていました。時々、彼からの熱い視線を浴びることはあっても、自分自身が彼とどうなりたいのかわからないままだったので、お互いの関係に名前を付けずに楽しい時間を共有できる友人くらいだと思っていました。

 

だんだんとお互いのことを知るようになると、もっと知りたい、もっと話したい欲求が溢れてきて、「私はこの人とどうなりたいのか?」を考えるようになりました。でも、彼がどうしたいのかわからなかったので、あまり深く考えてもな~っと先延ばしにしていたところもあります。

 

今考えてみると、あの時深く考えすぎて彼に自分たちの関係を聞いていたら、がっかりな結果になっていたかもしれません…。フランス人の男性は、女性に迫られることを嫌う性格については全く知りもしなかったのです…。しばらく、友人のような、友人よりは親しいような微妙な関係が続いていましたが、明らかにフランス人の彼の方から猛アタックを受けるようになりました。

 

例えば、メールでも連絡がこまめにきたり、会ってから何日もおかずに「また会いたい」と伝えてきたりと、密度が濃くなってきたのです。「これは、もしかしたら…」と、勘づき始めたころ、熱を持った彼の眼差しとともに優しいキスを唇にしてくれました。脳内は、大騒ぎ状態で、嬉しくて嬉しくて、たまりませんでした!きっと、障害が多い恋になるだろうとは思いましたが、今の自分の気持ちと、彼の気持ちを受け止めていこう…。それからは、彼の兄弟が日本に遊びにくるから「一緒に会おう」と、紹介をしてくれたり、彼の友人が来れば「僕のガールフレンドだよ」といった調子で紹介され、とんとん拍子に進んでいきました。

 

日常的に…

フランス人の彼と結婚をした今でも、キスは日常的にしています。「おはよう」のキスから、キッチンで料理しているときも、彼がそばに来ては、頭などにキスをしてくれたり、なんでもない時にいきなりキスをくれることもあります。フランスに行ったときは、結婚して30年以上経つカップルも、向かいのテーブルでキスをしていました。さすがに驚いてしまいましたが、彼が言うには、「普通のことだよ。」ということです。いつまでも仲良く、年齢に限らずにキスできる関係、いいですね。フランス人男性は、特にスキンシップを多く取ってくれるので、「愛されてるなぁ…」と感じることがとっても多いです。みなさんも、アツアツの愛を育んで下さいね!