ジャパンガイド 出会い 体験談

 

「異文化交流に興味があるけど出会いが無い」「外国人の彼氏が欲しいけど、出会い系サイトに登録したらいきなりガツガツこられてすぐに辟易してしまった」、そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。また、留学などで海外へ出たものの現地の方と知り合うことがなかなかできない、とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

イタリアに越してきて5年。現地男性と婚約する前は様々な国籍の男性とブイブイ(死語?)いわせていた筆者も、最初は出会いの段階でつまずいていたものでした。

アモーレの国とはいえ、ナンパしてくるのはバールで昼から酔っ払っている年輩の男性か、怪しげな目線をすぐに送ってくるような人ばかり。現地の女友達とパーティに出掛けても、当時住んでいた保守的な街ではそもそも日本人に興味を持ってくれる人なんて少ないし、たまにいても話が合うとは限りません。

マッチングアプリも試してみたのですが、画像のスワイプだけで何かが始まるというのはどうも性に合わないし、プロフィールを見ていきなり男女の関係を前提にアプローチされるのもなんだかピンときませんでした。もう少し心の通った、お友達としてのやりとりをした上で出会いにも繋がればいいのだけどなぁ、と贅沢なことを言っているうちに月日は経っていきました。

そんな中、文法の勉強を超えてコミニュケーションに使える英語を身につけるべくペンパルを探すため登録したjapan-guide.comで、恋に繋がる出会いにも恵まれたのです。

 

ジャパンガイドって?

日本を訪れたい外国人向けのお役立ち情報を集めたホームページ。無料で会員登録すると、友達募集やペンパル募集など目的別に分かれた掲示板を閲覧したり書き込んだり、投稿しているユーザーにメッセージを送ったりすることができます。

さらに、ユーザーの性別や年齢、居住国、使用言語(三つまで選択可能)、国籍などの情報を基に掲示板の投稿を絞り込むことも可能です。

本当に様々な国籍、年齢層の方が登録していますし、日本に住んでいる、または日本を訪れようとしていて現地の友人を探す外国人も多く投稿しているので、幅広い出会いが期待できます。

 

私流の使い方

私も、イタリアに住んでいるけど英語も上達したい旨や、趣味嗜好などを盛り込んだ自己紹介文をイタリア語と英語で書いて投稿してみたところ、性別や国籍を問わず多くの方からメッセージが届き、その中にはイタリア人からのメッセージも何通もありました。

コピペで何人にも送っているように見受けられるメッセージもありましたが、多くのケースでは私の自己紹介文に興味を持ってくれたということがわかりましたし、こちらの英語やイタリアの上達に協力するので相手の日本語を添削してほしいという依頼もありました。

お返事をしたり、興味のあるユーザーにこちらからメッセージを送ったりして、コミニュケーションと語学学習を楽しんだりしているうちに、話が合う相手とはLineやWhatsappでチャットや通話をするようになり、近くに住む方々とは実際に会うこともありました。

うち1人は女性で良い友達になりましたし、イタリアに住むドイツ人やデンマーク人などもいました。男女のお付き合いに発展した方も3人います。日本への一時帰国中にもイタリア語を喋りたかったので、日本在住のイタリア人を探してメッセージしたこともありました。

結局、婚約者とは仕事を通じて出会ったのですが、ジャパンガイドを通して出会ったどなたも魅力的でした(お付き合いがうまくいかなかったのはまた別の話)。

 

オススメする訳

文化の違いがある中で友人や恋人として関係を深めるのは決して簡単ではありません。でも、ジャパンガイドに登録する外国人は当然日本に興味を持っているので、溝が埋まりやすいのは大きな利点です。

さらに、出会いを目的としたサイトではなく、写真も公開できない仕様なので、いきなりアプローチしてくる人もほとんどいなく、おしゃべりを楽しんで人柄を知って、興味が出てくれば写真を送ってもらえば良いので、私は不便だと思ったことはありません。

スピーディーに出会いに繋げるのは難しいですが、私はいろいろな国籍の方とおしゃべりすることで毎日が楽しくなりましたし、結果的に恋愛もできました。皆さんも是非japan-guide.comで、日本に興味のある方とのコミニュケーションを楽しんでみてください。

※参照

http://www.japan-guide.com/