マッチドットコム 体験談

 

1. ニックネーム
はるちゃん

2. 性別

3. 当時の年齢
34歳

4. 当時の職業(例:営業・公務員)
惣菜店経営

5. 当時の年収(例:約300万円)
350万円

6. 当時の都道府県(例:東京都)
和歌山県

7. 本当に出会えましたか?
出会えました。

8. プロフィール(自由コメント欄)はどう書きましたか?
私は3年前に離婚をして、現在は母が経営する惣菜の店の店長をしています。子どもはおりません。
もう一度、新しい出会いと家庭を持つために参加しています。
よかったら、私の作るお総菜を食べてほしいです。と記入しました。

9. 写真は掲載しましたか?
一枚、久しぶりにフルメイクして撮りました。

10. どのようなメッセージを送りましたか?
私がメールを送ったのは33歳、コメント欄に、新しい出会いで、もう一度幸せになりましょう、という前向きなコメントをしていた男性です。

自営で車関係の仕事をしていて、バイクにも詳しく、何でも聞いてくださいとあったので、私も2輪の免許を持っています。
ツーリングなどには興味はありますか?と聞いてみました。
仲間同士でよく遠出しますと返ってきて、料理が得意なんですね。と言われたので、得意かはわかりませんが、惣菜の新作を開発するのが趣味になっています。と答えたりとやりとりは弾みました。

11. アプリを開始して、どの位で会いましたか?
ふたりで会って色々な条件を指定してパーティーを開催してくれみないとわからないという考えだったのでわりと早め、一週間かからずに会いました。

12. どんなデート内容でしたか?
少し家が遠かったこともあって、駅を指定されて、車で迎えに行くのでドライブデートにしましょうと言われました。

観光地を何ヵ所かめぐるコースを考えておきますと言われて、あまり地元から出ない生活を送っていたので、とても嬉しくて、わくわくしながら待ち合わせました。

大阪方面で、まずは海遊館に行きました。水族館なんて学生の頃以来だったのでものすごく楽しくて、お揃いのグッズを買ってもらいました。軽く食事をとり、となりのミュージアムで藤城清治さんの個展がちょうど最終日だったのでそのまま観覧することになり、少し話しましょうと周辺を散歩したり、海を見ながら会話したりして、暗くなって観覧車に乗りました。

一日中一緒にいたことで、距離が近づいたのを感じました。だから、観覧車に乗ったときに頂上付近で彼が肩を抱いてきたときも抵抗はありませんでした。

でも、やっぱりその日のうちにどうこうというこは性急すぎると思ったので、やんわりとかわしてはいました。

13. 今はどうなりましたか?
彼がさらに密着をしてくるのをやんわりと拒んでいるうちに、彼は明らかに無口になっていき、そろそろ帰りましょうと、夕食も食べずに車に乗り、帰路に着いたんです。もうほとんど会話もなくて、待ち合わせた場所に着くと、じゃあ、と帰っていってしまいました。

14. サクラや変な人はいましたか?
サクラはいませんでした。

15. お金はかかりましたか?
デート代金はすべて彼持ちでした。

16. このサービスの良い所はどこですか?
色々な条件を指定して男性を検索できるので、私のようにバツイチだとか、苦手なことがある人にも優しいなと思います。

たとえば、タバコを数人が苦手な人なんかは、ものすごく助かる人が多いなと、着眼点に感心しました。

17. 改善して欲しい所はどこですか?
私が出会った男性のように、交際を急いでいる人もいて、ゆっくりと育みたい派の私には合わなかったので、そのあたりをもう少し出会う前に意思表示できるマークなどがあればいいなと思ってしまいました。たとえば、じっくり派、とか、フィーリング重視、とか。

18. サービスを利用している異性のユーザーはどういう人が多い印象でしたか?
私が出会った男性は、ことを急ぐ感じの利用方法だったんだと思いますが、それはおとななので、相性で判断するしかわからないなというのが、正直な感想です。ただ、職業についてしっかりコメントをされている人が多いので、参考にしやすいです。

19. 異性にどういうメッセージを送って欲しいですか?(
私の写真を見て、気に入ってくれたんだということを伝えてもらえると素直に自信が持てますね。
ただ、バツイチということで、初婚の男性との出会いに対して少しはうしろめたさというか、本当にいいのかという気持ちが常にあるので、バツイチでも気にしないという一声があると、さらに安心できます。私も正直にバツイチの理由を話そうと思っているので、そのあたりをうやむやにしたままでの出会いではなく、経過を大事にしてもらえたらうれしいです。