ハッピーメールのリアルガチ体験談

1. ニックネーム

ヒロ

2. 性別

3. 当時の年齢

34

4. 当時の職業

出版社社員

5. 当時の年収(例:約300万円)

420万円

6. 当時の都道府県(例:東京都)

大阪

7. 本当に出会えましたか?

42歳の男性と出会いました。

8. プロフィール(自由コメント欄)はどう書きましたか?

37歳、特技は料理、趣味は海外旅行、一緒に行ってくれる人を探したいです。

海外旅行は、年に一度は必ず行っていて、この先、新しい土地などを一緒に楽しめるような人に出会いたいなと思っています。よろしくお願いします!

9. 写真は掲載しましたか?

真正面からの胸から上の写真、ちょっと真面目すぎたかも。

10. どのようなメッセージを送りましたか?

趣味に海外旅行と書いていたので、どの辺りにいきましたか?とか、これからの予定はどうですか?というような内容で盛り上がりました。

私は北欧メインでどちらかというと、北欧のインテリアに興味があり、彼はヨーロッパの建築に興味があったので、お互いに、新しい分野にとても興味を持ち、オススメの国を言い合って、もし行くなら、という話に移ったので、それなら一度会って話をした方が早いかもしれないという流れになりました。

この年齢で一人旅で共通するのはなかなかないことなので、私としてはとても嬉しい出会いでした。

11. アプリを開始して、どの位で会いましたか?

やりとりを初めて一週間くらいで、会った方が話が早いですね。となったので予定を調整して、その三日後に約束しました。

あまり会うのに遅くなりすぎると、そわそわしそうだったので、私の方から日程を指定すると、空いていますと返ってきたので、好印象をもってもらえている感触はありました。

12. どんなデート内容でしたか?

旅行の話を中心に話したいというのが軸に会ったので、ゆっくり話せる場所として、最初はホテルのラウンジを待ち合わせ場所に指定しました。

落ち着いた空間でお見合いみたいに会話が始まったのですが、意外にくだけた感じの人だったことで、次からはお酒とかどうですか?となり、二度めのデートではワインを飲みながら夕食をとることになりました。

彼の旅行の話はとても興味をひくもので、行ったときの写真も持ってきてくれていて、有名な建築物の説明を彼独特の知識を交えて説明してくれました。

物静かな雰囲気の男性なのですが、旅行の話になるとフレンドリーで楽しく軽快に話をするところが、とても好感をもてました。

私の北欧旅行の話も、楽しそうに聞いてくれて、女性ならではの巡り方をしますね、と言っておられて、私はまさにかもめ食堂の軌跡を辿っていたので、男性にはつまらないかもしれないと説明をすると、そんなことはない、違った支点で旅行ができるのが、一人旅とは違うところだと言ってくれたあとで、もう行く気になっていてすみませんと焦っているのがかわいかったです。

13. 今はどうなりましたか?

お互いに年齢も年齢だったので、もう特に子どもを強く望むような付き合いを考えていなかったので、やはり旅行を何度か一緒にしてみて、将来のことを考えようと彼のオススメの国への旅行にいきました。

すごく楽しかったので、その後は夫婦として旅を楽しんでいます。三ヶ月後に入籍したのでまわりには電撃婚だと言われています。

14. サクラや変な人はいましたか?

まったく出会わないままで彼と出会いましたけど

15. お金はかかりましたか?(かかった場合、およその金額も)

私は一切かかっていません。

16. このサービスの良い所はどこですか?

年齢も限定でのやりとりをできるシステムがあります。たとえば、私のように35歳以上の女性を探している人、35歳くらいなど、検索できるので、不相応な人との絡みがなく、からかわれているのではないかという不安などはありませんでした。

17. 改善して欲しい所はどこですか?

サクラもいなさそうだし、真面目なコメントの人が多いように見受けられたので、特にありませんが、年齢層が高い人の利用率がこれだけあるので、もう少し落ち着いた出会いの場であることを、アピールすると、他のサイトとの差別化ができそうだと感じました。

18. サービスを利用している異性のユーザーはどういう人が多い印象でしたか?

私の場合は自分と同じ年齢以上の人でしか検索をかけていないのですが、それでも登録している人はたくさんいることはわかりました。きっともっと若い方だともっと多いので自分に合うひとを絞っても検索しやすいと思います。

19. 異性にどういうメッセージを送って欲しいですか?

結婚を前提に相手を探していて、合いそうだと思ったので、と、真剣交際の相手として私のことを選んでくれたんだということをコメントに含めてもらえると、冷やかしではないことで心を開きやすいと思います。あとは趣味が同じだということなど共通点をアピールしてもらいたいです。なんとなく何人にもメールを送っているうちの一人だという人には、この年齢になると警戒心を持ってしまうし、そこに費やす時間の余裕などももっていなかったりします。