t02200124_0800045013079589858

国際結婚する人が増えてきているものの、それでも多数派ではないので、何かと手続きをする時には何をすれば良いのか、どこに問い合わせれば良いのか迷うものです。私は中国人の主人と結婚しましたが、中国の制度は何の前置きもなく突然に変更されてしまうことがあるので、先輩方からこう聞いていたけれど実際に手続きをしてみるとうまくいかなかった、変更になっていた、ということもよくあります。

今、悩んでいるのは昨年生まれた息子についてです。中国は発展してきているとは言え、やはり日本は先進国なので、息子は出産時に直接日本戸籍にしたいね、と主人と話していました。それが中国で出産するとなると、必ず中国国籍がついてくるということでした。とりあえず日本領事館へ出生届けを提出し、日本の国籍は留保しています。しかしこの事は中国では話してはいけません。なぜなら中国では二重国籍は認められていないからです。そのため、今息子は中国人として生活しています。今は中国で生活しているので、日本に行く時には日本大使館へ行き、日本行きのビザを発行してもらいます。これ自体は簡単で、日本から私の戸籍謄本を取り寄せ、あとの材料はすぐに揃います。大使館で当日すぐに発行してもらえますし、3年間のマルチビザを発行してもらえます。

今はまだ1歳すぎなのでよいのですが、幼稚園に上がり、小学校に上がるころになるとまた問題が発生します。北京にある日本人学校に通わせようと思うと、日本国籍を取得していて、日本パスポートに中国滞在のビザがあることが条件になるので、息子のような中国人として生活している子供は入学できません。また中国には複雑な戸籍問題があり、私の主人は北京の戸籍を持っていないので、北京の割合質の良い学校には通わせられません。主人の戸籍がある場所で学校に上がることになりますが、主人曰くそこに通うと勉強の質は悪いし、人としての教育も全然だめ、先生も生徒も誰もやる気がない状態なのだそうです。そのような所へ日本人の母親を持った息子が入るとどのようなことになるのか、心配ばかりがつのります。北京のインターナショナルスクールは戸籍の問題はありませんが、そこでもやはり外国人であることが条件になります。

せっかくなので息子に国籍を選択してもらおうかと思っていたのですが、このままだと学校の上がる頃に親が選択することになるかもしれません。恐らく日本国籍の取得になると思いますが、中国国籍の放棄の手続きは煩雑で、また完了まで約1年かかることもあるそうです。

中国では上の一言で今までの規則が急に変更になることも多々あるので、息子が小学校に上がる頃にはまた変化があるかもしれませんが、できるだけ息子にとって良い方法を選択していきたいです。