フランスで国際結婚するための書類収集

 

国際結婚をするにあたってまず決めなければいけないこと、それはどちらの国で結婚するかということです。
私たちは2人ともフランスに住んでいたため、フランスで先に結婚の手続きをすることにしました。

 

1. 結婚に必要な書類のリストを取りに行く

まず結婚することが決まったら、現在住んでいる町の役所に結婚に必要な書類のリストの入った書類を取りに行きます。
私の住んでいる町は市役所と市役所の派出所2か所の合計3か所から書類を提出したい役所を選び、書類を取りに行きました。
このときは2人そろっていかなくても大丈夫でした。フランス人同士の結婚と国際カップルの結婚では必要書類が違うため、新郎新婦の必要書類を細かく説明してもらいました。

 

2. 日本から取り寄せるもの

必要書類の中に出生証明書・慣習証明書・独身証明書がありました。これらの書類は、在仏日本大使館で発行してもらえるとのことでしたが、発行してもらうには3か月以内に取得した戸籍謄本と改製原戸籍にアポスティーユを付けたものを一緒に提出しなければなりません。そこで日本にいる家族に頼んで、戸籍謄本と改製原戸籍をとってきてもらい、それを外務省にアポスティーユ申請をして、アポスティーユを付けてもらったものをフランスまで送ってもらいました。私の場合、アポスティーユ申請が約10日、書類がフランスの自宅まで届くのに、2週間、合計約4週間ほどかかりました。

 

3. 在フランス日本大使館に申請するもの

2.で日本から取り寄せたアポスティーユ付きの戸籍謄本と改製原戸籍をもって、管轄地域の在フランス日本大使館または総領事館に出生証明書・慣習証明書・独身証明書を申請します。申請は直接大使館・総領事館で行いますが、遠方の場合は郵送でも受け付けてもらえます。ただし、受け取りは郵送はしてもらえません。本人または代理人が書類の手数料をもって受け取りに行かなければなりません。書類自体は、3-4日程度でできたとの連絡をもらいましたが、受け取りは平日のみなので休みを取って取りに行きました。
私の住んでいる町の役所は、大使館が発行した出生証明書(仏語)を受け付けてくれましたが、役所によっては法廷翻訳家の翻訳した出生証明書でないと受け付けてくれないところもあるようです。

 

4. その他の書類

上記のほかに、結婚の証人に関する書類、新郎・新婦の身分証明に関する書類、婚前契約書の有無や通訳の有無、式参加人数等のアンケート用紙に記入・署名しました。

必要書類のリストにある全てを揃えて、2人そろって市役所に提出しに行きます。
日本だとここで書類に不備がなければ、晴れて入籍となるところですが、フランスでは書類の受理後、やっと入籍する日にちを決められます。
日にちが空いていれば、すぐにでも可能ということですが、結婚の証人も入籍の日に同席しなければならないため、日にち選びも重要なポイントになってきます。