フィリピン人と交際したことがある(神奈川県在住 30代男性 ハッシー)さんより、実際に交際してみて分かった複雑な家庭状況についての体験談を伺いましたので、ご紹介させていただきます。

20代の頃フィリピン人の女の子と付き合っていました。彼女はフィリピンで生まれましたが、幼くして両親が離婚。兄弟姉妹3人と母親とで来日。やがて母親が日本人と再婚という境遇でした。東南アジアのから日本に来た女性の大半は夜の仕事につくことになります。

そこでお客の日本人と再婚する率は低くないようです。親が再婚した時点で、子どもたちは日本国籍を取得できますが、言葉を覚えるのには時間がかかりかなり苦労したようです。

私は彼女と取引先のスーパーで出会いました。彼女はバイトでしたが、周りが全員日本人の中で一生懸命働く姿が素敵でした。知り合いの主任さんに紹介してもらい、何度か食事をするようになり、自然と付き合うようになりました。

付き合うようになってから彼女はそのスーパーを辞め、別の飲食店で働くようになりました。そこでもきちんとした働きぶりは評価されていたようです。

半年ほど経って、彼女の家に行くことになりました。向こうの両親に呼ばれたのです。正直結婚まではまだ考えてはいなかったので躊躇しましたが、彼女の困った表情を見ると可哀想で行かざるを得ませでした。

日本人の父親は電気整備の会社の経営者でした。小さな会社でしたが、社員も数名いるよくある町の中小企業でした。内心、こういう人がフィリピンパブに通ってホステスと結婚するんだなぁ、などと思いました。

ニコニコしなが迎えてくれた母親とは対照的に、父親は精一杯の威厳をもってソファに座っていました。 他愛もない会話のあと唐突に「エミー(仮名)といるのは、日本人より簡単に遊べるからか?」と言われました。驚きました。それをあんたが言うか、という意味での驚きです。

それでも私は冷静を装い「違います」とだけ答えました。父親はじっと睨んだあと、そのままリビングを出て行き、入れ替わりに入ってきた母親がお昼ごはんを用意してくれました。後日彼女が電話で「パパはヒロ(仮名)を気にいったみたい」と嬉しそうに言いましたが、私はどうでもいい気分でした。

やがて段々と彼女とも距離があき、結局1年ほどで関係は消滅しましたが、やはり家庭環境は難しいですね。両親とも外人でも難しいのに、親の再婚相手が日本人といういうのはこれまた厄介なものだと思いました。

その後も何人かの女性と付き合い、普通の日本人女性と結婚しましたが、フィリピン人の彼女が一番綺麗でしたね。小さな顔に大きな目、スタイルも良く、浅黒い肌も本当に綺麗でした。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム