manira

 

運命なんて解りませんよね。私だって30歳を前にして日本でフィリピン人の女性と知り合い結婚。まさか20年後にフィリピンの地方都市で妻と二人で暮らしているなんて考えもしませんでした。ここでは運命の糸に操られ、フィリピン人と知り合って結婚したいと考えているあなたのために、結婚後にフィリピンに住むメリットや注意点についてお話ししたいと思います。

 

【結婚後にフィリピンに住むメリット】

1.便利な「バヤックバヤンビザ」

フィリピンには外国で暮らすフィリピン人の帰国を支援するために「バヤックバヤンビザ」という便利な制度があります。

この制度は、フィリピン人と結婚した外国人を対象に、二人揃って帰国することを条件に1年間の滞在を許可するものです。

さらに、満期になる前に更新の手続きをすれば永住ビザが取得できます。(もちろん原則としての話で、その前に個人面接などの審査を通過する必要があります)

2.就労が自由

フィリピンに滞在するためのビザは観光ビザや留学ビザ、それにリタイアした後にフィリピンで暮らすための「リタイアメントビザ」などがありますが、外資系企業などの外国人の社員が取得する就労ビザと結婚により取得した永住ビザ以外は就労が許可されていません。

つまり、フィリピン人と結婚して現地に住む日本人は自分でビジネスができるということです。

3.夫婦2人暮らしなら月10万円でゆっくり生活できる

首都マニラに500万円のコンドミニアムを買う人からフィリピンの地方都市で2万円のアパートに住む人まで住まいの形はさまざまだと思いますが、こと生活費に関して言えば、夫婦2人なら月に10万円もあればゆっくり生活することができます。

ちなみに、電気代は2人暮らしのアパートと仮定すれば月に5000円程度。(エアコン付) 水道代が1000円ぐらい、お米は1kgで100円程度です。

4.着る服も夏物だけでOK!

フィリピンの年間平均気温は27℃ぐらい。したがって長袖はほとんど必要ありません。どうでもいいような話ですが、冬物を揃えないでいいだけでも経済的なメリットがあります。

5.仕事が比較的自由に選べる

最近は日本の企業がどんどんフィリピンに進出してきているので、英語や現地語がそこそこできる日本人の求人が多くなりました。それに職種も比較的豊富です。たとえば
IT企業のコンピュータープログラムや工場の現地で雇い入れたフィリピン人労働者の教育係。日系旅行代理店のコールセンター勤務。日系観光ホテルのスタッフ。ラーメン店、アパレル系企業の社員募集などです。

詳しくはフィリピンマニラのタウン情報誌「フィリピンプライマー」のリクルートページをご覧ください。
http://primer.ph/recruit/

6.もちろん自営も有りです

私は首都マニラから500kmほど南の地方都市「ナガ」という町で食堂を営んでいますが、今年で6年目になります。大学通りという立地の良さもありますが、人並みの生活はできています。

飲食業の他にはアパート経営される方も多いですね。本格的なアパートを作ると初期投資もそれなりにかかるので、自宅の2階の部屋を利用して間借り部屋という形です。

いずれにしろ、フィリピンにはビジネスチャンスがたくさん埋まっています。

 

【フィリピンに住む注意点】

1.いいかげんだからってイライラしない

これは日本とフィリピンの生活習慣の違いなのですが、フィリピンの人は日本人ほど時間を気にしません。ですから、待ち合わせの時間に相手が30分遅れたからって決してイライラしないように。

時間を基準に動く日本人の行動パターンは、どうやらフィリピンでは通用しないようです。

2.日本の銀行口座は残しておく

これは私があとで後悔したことですが、フィリピンに来て3年目に日本の会社の副業を始めた時のことです。

仕事を請けるのはいいのですが、肝心の報酬を振り込んでもらう銀行がないのです。なぜなら、日本のアウトソーシングの会社のほとんどは報酬の振り込み先を日本国内の銀行に定めているからです。

しかも、かなり調べましたがどの銀行も日本に実際に住んでいないと新規で口座を作ることができません。

3.できれば、保険証も残しておきましょう

保険証を残すということは、日本に住所を残すということ。それは保険料を毎月払い続けることを意味しますが、フィリピンは日本ほど医療保険制度が確立していません。

ですから、医療費は基本的に全額負担。フィルヘルスという保険制度があって、奥さんが加入していれば日本人の夫も使えますが、適応できるのは入院費用だけだったり、そもそもフィルヘルスに対応していない病院もたくさんあります。

加えて、医療技術も日本の方が進歩しています。つまりフィリピンだと手術しないと治らない病気でも、日本の病院に行くと薬で治る場合もあるということです。

 

【これからフィリピン人と結婚される方へ】

夫婦はもともと他人です。ですから、物の考え方が違うのはあたりまえです。ましてや生活習慣も常識も違う国に育った2人の結婚ですから、意見が合わなくて喧嘩する時もあるでしょう。ですが、それはたいへん不幸なことです。

国際結婚して一番大切なことは、お互いの意見や考え方を理解しようと努力することに尽きると思います。どうかその出会いを大切に、いつまでも仲良く暮らしてください。

 

(フィリピン ナガ市在住 57歳男性 ながとし)さんより