ドイツ人に一目惚れして夢の時間を過ごした(ドイツ在住 20代女性 スイートピー)さんより、体験談をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

私はある日空港でドイツ人を一目惚れしてしまいました。そして運よく、彼の方から声をかけてくれ、楽しく会話が続きました。話が盛り上がってピークが来たところで、彼の飛行機は出発間際になりメールアドレスと名前を聞いて別れました。私は日本へ。彼はドイツへと戻り、3日後。

お互いの生活が落ち着き、メールをするようになりました。たわいも無いことから相談事までしたりして、お互いに精神を支え合っているような関係でまたいつか逢えると信じて毎日連絡を取り合っていました。

ある日、私に5日間の休暇ができ、彼にもそのことを話しました。すると彼から思いも寄らない言葉が出て来たのです。。それは、ドイツまでの往復航空チケットをプレゼントするから、ドイツまで会いに来てくれないか。との事でした。

私はとても嬉しくてすぐに5日間の休暇にドイツへ飛ぶことにしました。ドイツに着くと彼は空港で赤いバラの花束持って出迎えてくれました。その後高級車助手席のドアを開けて誘導してくれました。快適なドライブ赤いバラの花束に囲まれて私はとてもいい気分になっていました。

彼の家は殺風景で何もなく本当に男1人で暮らしているのがわかりました。その家の殺風景を見て私は少し喜びました。彼は重い荷物を持ってくれたりご飯も全て作ってくれました。朝起きると赤いイチゴとパンケーキ、ヨーグルト、オレンジジュースが机の上に並べてありコーヒー、サラダ私の食べたいものは全て机の上にありました。なんて気持ちの良い朝なんだろうと思いました。

1日目一緒に博物館や美術館に行きました。大人な感じの静かな品のある時間を楽しみました。夜はおいしい赤ワインを片手にイチゴを食べながら映画を見ました。2日目は彼が作ってくれたサンドイッチを持ってピクニックに行きました。誰もいない公園でシートをひいてサンドイッチを広げて2人でゆっくりと自分の読みたい本を読みました。とにかく夢のような時間でゆっくりとリラックスした時間を過ごせました。

3日目は彼が午前中が仕事ということで私は1人でゆっくりと彼のおうちで映画を見ながら彼が作ってくれていたお昼ご飯を食べました。夜は動物園を上から見れるレストランへ行き夜ご飯を食べました。すごく新鮮で刺激のある夜を過ごしました。4日目私は日本へと旅立ちました。

連絡もあまりなく寂しいなと思っていたある日彼が言ったのです。僕は1週間後に君に会いに行くよ。と。私はびっくりして嬉しくて涙が出ました。彼は1週間後本当に私に会いに来てくれました。