食事に誘ったはいいけれど、食事の後に次のお店に連れて行きたいと考えている男性の方もいると思います。そこで今回は、国際結婚のための婚活ブログの女性読者様に、「食事デートは何時間で終わらせるのが理想か」聞いてみました。是非、参考にしていただいて、デートプランに役立てていただければと思います。

 

(30代 会社員 らん)さんの場合

2時間
■理由

待ち合わせて、少し雑談して、店に入り、着席して、メニューを選び、食事を注文し、食事が来るまで雑談し、食事が来て、食事を食べて、飲み物かデザートをゆっくり食べて雑談して、会計して、店を出て、最寄りの駅までゆっくり歩くのには二時間くらいがちょうどよいと思います。短すぎるとせわしないし、長すぎると、まだ相手のことを良く知らないので、緊張してしまいます。食事の内容やお店の感想など、共通の話題がありますが、あまり長持ちしないので、これくらいで。

(30代 主婦 モカ美)さんの場合

3時間
■理由

私はお酒を飲むのが好きなので、2時間だと少し飲み足りないからです。2時間経った時は、話が盛り上がってきている頃な事が多く、それで終わるのは面白くありません。だからと言って1回~3回の食事デートでダラダラと一緒にいるのは嫌です。適度な時間は約3時間だと感じます。初めの頃は、一軒だけの食事が好ましいと感じています。2軒目に行くのはもっと回数を重ねてから行きたいです。一軒で帰ることで、次回の楽しみも増える気がします。

(42歳 在宅ワーカー hnry)さんの場合

2時間
■理由

最初の頃は、あまり長い時間ではなく、「もっと一緒にいたいな」と思っていもらえるくらいの時間にしたいです。あまりダラダラと長くいると、「つまらない女だな」と思われるのではないかという不安もあります。

また、帰る時間が遅くなるのも、節操がないと思われそうなので避けたいです。

それから、食事デートなので、レストランに長く居座るのも気が引けます。そういうことを気にしない男性にも評価が下がります。

最初の頃は2時間程度で送ってくれる男性がスマートだと思います。

結論

食事デートの時間は2時間で終わるのが望ましいというのが今回のアンケート結果でした。

確かに2時間も話せばちょうど話題が尽きてくる頃ですよね。

下手に長時間いるよりも、短時間でスパッと別れた方が女性側も安心できますし、真摯な人だと思われやすいですね。

好きな人を目の前にすると長い時間一緒にいたくなりますが、男性の皆さんはぐっと堪えて、スマートな男性になりましょう。