タイ人男性との出会い

タイ人と国際結婚

 

私はタイ人男性と結婚して10年の45歳の日本国籍を持つ女性です。タイ国へは、28歳の時に語学留学で行きました。

タイ語を学ぶ為にタイの大学に2年間通い、1年に1回の国が主催しているタイ語試験に合格したのを気に学校を辞めました。

試験に合格したので日本へ帰国してタイ語関係の仕事に就こうと考えていたのですが、実際に自分の学んだタイ語が実務で即戦力になるのか疑問に思い、実務経験を積もうと現地の会社で1年だけ働いてみようと思って就職しました。

そして1年現地の日系の会社で通訳として働いたのですが、上手くできず上司に怒られて隠れて泣く事が多かった私に、そっとハンカチを差し出してくれるタイ人男性社員がいました。

彼の役職はマネージャークラスで日本語も流暢に話せる人でした。

仕事で悩んで落ち込んでいる私をいつも見守ってくれて、教えてくれたりしていました。身内や友達がいないタイで一人で暮らしている私を気遣ってくれて、夕食や休みの日も誘ってくれて色々な所へ連れて行ってくれました。

彼に下心があるのではないか心配していましたが、変な事もなく本当に彼の気遣いが純粋でした。

 

タイ人の夫と付き合うきっかけ

タイ人と国際結婚

 

彼は日本へは15年前に会社の研修で半年間行っていた経験がありました。ですが、観光に行った事がないので行ってみたいと言われ、私も日本に帰国する予定があったので、旅費を節約するために、宿泊先は私の実家に泊まらせてあげる事にしました。

当時、タイ人が日本へ行くためのビザ申請は非常に厳しく大変でした。日本でも身元引受人やインビテーションレターがないと審査が通らない時代でした。

彼のビザの申請の時に身元引受人欄の所に私の名前と日本の住所、電話番号を書きました。そしたら在タイ日本大使館から日本の実家へ身元引受確認の連絡が行き、両親がビックして私の所に連絡が来ました。

「タイ人男性を連れてくるらしいけど、どういう関係なの?ただの友達とかならダメよ」両親からこう言われ、その事を彼に話したら「じゃー結婚しよう」と言われたのです。

私も彼の純粋な気持ちに好意を持っていたので、結婚を前提にお付き合いって形でいいかと思って付き合い始めました。

そして日本に彼を連れて行き、私の家族と過ごしたのですが、彼の優しい性格に私の家族は大歓迎しました。

タイに戻る時には両親から「彼と会うまではとても心配だったけど、彼が本当に良い人で良かった」と書かれた手紙を受け取りました。

なんだか私がそんなに燃え上がっていないのに両親の方が燃え上がってしまって、もう引き返せない状態でした。

でも、それも縁だと思い、数年の交際を経て結婚しました。

 

タイ人と国際結婚した時の経済力と言葉

タイ人と国際結婚

 

私が彼と結婚しようと決意したのは、ただ単に彼が純粋で優しい人だったからだけではありません。結婚するからには人生を一生一緒に過ごす人となる訳ですから、経済力はあるのかという事は考えました。

結婚後はタイ国に住む予定でしたので、最低でも日本の家族に何かがあった場合に直ぐに旅費を出せる経済力は持っているかは考えました。

そして次に考えたのは言葉です。お互いにタイ語と日本語が大丈夫でも細かな所まで話し合い分かりかえるのかは悩みました。

この問題はとりあえず私のタイ語力でなんとかカバーできるかなと思いクリアーとしました。

そして習慣・文化の違いです。彼は日系企業で働いていて常に30名くらいの日本人と日々働き、日本人の考え方を植えつけられていたので日本の習慣や文化についても良く知っていて大変理解してくれていたので楽でした。

逆に、日本の習慣や文化の事を素晴らしいと言ってくれて、自分の生活にも積極的に取り入れている人だったので、私にとってはとても良かったです。

私がタイ人と結婚した日本人を見てきた限りでは、まず言葉ができず分かり合えないと言う問題で別れた人を何人も見てきました。

最初は「好き」という感情が先走り、「言葉なんて愛があれば大丈夫」と言う人が多いです。

ですが、実際に結婚となるとそうはいきません。日本人同士でさえ分かり合えない事があるのですから、それが国際結婚となると何十倍も大変ですし、労力が必要です。

国際結婚には言葉の壁が立ちはだかるのは絶対です。本人同士が分かり合えても、結婚となればそこに相手の家族や親戚も絡んできます。そこに更なる言葉の壁があります。

お付き合いするだけならば、そこまで真剣に考えなくても良いかも知れませんが結婚となると言葉は一番大切な要素ではないでしょうか。

私は母国ではないタイ国に住む事を選びましたが、もしそれが逆だったらと考える事があります。

想像だけですが、今の私の言葉の負担によるストレスや悩みは軽減されると思いますが、今度は旦那が今の私が思っている様な問題や悩みを抱えると思います。

外国人と付き合ってみたい、結婚したいと思っている方は絶対に読み書きが出来て、ビジネスレベル以上の会話ができないと、はっきり言って厳しいです。

でも、言葉が分からない振りをして喧嘩をせずに済む事もあるのも事実ですけどね。