国際恋愛なんて全く考えたことなかったわたしが外国人に興味を持ったのは、中学時代の英語の先生!凄くカッコよくてもう目鼻立ちが日本人とはまるで違う笑顔の素敵なオーストラリア出身の先生だったの。片言の日本語がとっても可愛くて英語の先生なのに、私が日本語を教えて日本語で話してたんだけど一生懸命覚えようとする姿にときめいちゃって『わたしもいつかは外国人と付き合いたい』と思うようになったの。

 

オーストラリア人との出会いのきっかけ

オーストラリア人

 

月日が経ってもなかなか外国人に出会う機会って少なくて、SNSはちょっと怖いし、英会話教室も所詮は生徒と先生でしょ。だからと言って海外に行く勇気はなかったから、諦めてたんだけど当時アルバイトしてたコンビニエンスストアに凄く素敵な外国人がお客様で来たの!

もう運命かと思ったけど、声をかける勇気はなく接客していたら、次の日にまたその彼がお客様で来てくれてケータイの電話番号を渡してくれた!嬉しすぎてアルバイトが終わってすぐに連絡してそのまま彼と食事をする事になったんだけど、話を聞くと彼は8つ年上のオーストラリア人で日本に出稼ぎに来ているということが分かった。8つ年上か⋯⋯と少し悩んだけど、食事の時も椅子を引いてくれたり、車の扉も開けてくれて日本の男性にはされたことないようなレディーファーストを味わった私は彼にメロメロ!やっぱり外国人って素敵って改めて思った。

 

お付き合いのタイミングって?

オーストラリア人

 

日本人にあるのは『好きです。付き合ってください。』って告白の言葉。でも、外国人とのお付き合いを始めるタイミングってどうなんだろう。彼とはその後も何度も食事やデートを重ね、キスや体の関係もあった。

彼は私のことを『マイハニー』と呼ぶようになった。けど、なんの約束も交わしてないのに、これってお付き合いしていると言うのだろうか?遊ばれてる?と疑問に感じたから聞いてみると、私達は初めて食事をした日から交際していると彼は言う。

さすがに笑ってしまった!わたしはそんなつもりなかったから。けど、これで彼の気持ちも確認出来たので無事にお付き合いが始まったの。

 

外国人彼氏とのデートは日本ならではの場所

オーストラリア人

 

デートは彼が車持ちだったから色々な所に連れていってもらった。京都で紅葉を見たり山に夜景を見に行ったり冬にはイルミネーションを見たり、私の行きたいところに連れてってくれて、いつも楽しく過ごしてた。彼が行きたいところを選ぶ時は、浴衣を着たがったり侍の格好をしたいと言ったり、日本人の私にはなかなか共感出来ないデート場所の選択で彼が選ぶデート場所へは付き添い的な感じで付き合ってあげてたんだけど、それはちょっと苦痛だったかなー。

 

オーストラリア人男性とのお付き合いのメリット

オーストラリア人

 

日本語も上手な彼だったから外国人だからという障害は何も感じなかった。何よりも常にレディーファーストで彼が私を大切に扱ってくれる所が本当幸せだった。そして家族思いで離れて暮らす家族を思い、よくテレビ電話をしていたなぁ。

 

オーストラリア人男性とのお付き合いのデメリット

オーストラリア人

 

日本人彼氏とのお付き合いでは、有難いことに、デート代は全て相手負担だったんだけど、外国人の彼とのデートは当たり前のように割り勘。

まさか、出してよなんて言えるはずもなく、わたしもデート代を自分の分は出していたけど、店員さんの前で2人でお金を割り勘してる姿が凄く恥ずかしかったんだけど、調べてみたら他国の人は割り勘が当たり前みたい。

シビアな訳じゃなかったんだとは思ったけど、ちょっと理解しがたい所だったなぁ。後は、日本人のわたしには分からない外国人の
誰にでも気軽に口にする『アイ・ラブ・ユー』。

日本では好きだよなんて好きな人にしか言わないし、好きな人にすら恥ずかしくてなかなか口にしないのに、わたし以外の人にもすぐにアイ・ラブ・ユーって言うから凄く嫉妬しちゃう!

彼にそれを伝えても分かってもらえず、よく喧嘩してたなぁー。

 

破局のきっかけ

オーストラリア人

 

彼が家族やわたしの友人に口ぐせの様にいう『アイ・ラブ・ユー』。
それが全く理解出来ず受け入れられなかったわたしはわずか数ヶ月で『やっぱり価値観が一緒な日本人がいい!』って思うようになり、別れを告げ破局。彼には申し訳ない事をしたなぁ。

 

今後、国際恋愛・結婚を望むあなたへ

オーストラリア人

 

外国人の彼とのお付き合いは日本人よりも愛情表現豊かで女性を優先してくれて、幸せがたくさんだけどお互いへの理解がないと難しくすぐに破局しちゃう。

毎日キスをしてくれたり人前でハグしたり「好きだよ」と言ったり愛情表現が凄く多いけど、わたしはとても恥ずかしかったし、人前ではやめて欲しかった。

でも彼にとってはその愛情は自然で当たり前な事こと。恥ずかしさのあまりに、彼からの愛情表現を軽くあしらい冷たくしてしまい悲しませたこともあった。

相手の国の文化や風習を日本で受け入れる気持ちと、理解があればきっと素敵な国際恋愛になるでしょう。