ハワイ 国際結婚

 

ハワイに行くことにした理由

私は高校卒業後看護学校に進学し、その後看護師として働き始めました。学生時代より海外に興味があり、お給料が貰えるようになってからは、長期休みごとに海外旅行を繰り返していました。

さらに数年働いては退職し、短期間では味わえない本当のその国を感じたいと、貯金と退職金を使用して数か月単位で海外に行くという生活をしていました。

30代になってから旅行をするならもう少し英語が喋れたほうが良いなと思い、英語圏に留学を考えたのですが、まったく日本語が通じないのはストレスになると思い、比較的日本語が通じやすいハワイに行くことにしました。

 

ハワイの語学留学について

ハワイは他の地域に比べると物価が高く、学校の手配などを留学会社に頼むと費用がかなりかかるため、入学とコンドミニアムの手続きは自分で行いました。ハワイにも語学学校がいくつもあり、私はその中でもワイキキにある学校へ通うことにしました。日本人とスイス人が多く、その他にもブラジル、韓国、ドイツ、サウジアラビアなど様々な国から来ていて、色んな国の人と仲良くなれました。

ワイキキでは曜日ごとに安くなるバーがあり、夜はみんなでそこへ飲みに行ったり、学校終わりにビーチに行ったりして楽しむことができます。サーフィンが趣味の人は学校前に友達同士でビーチに行ってから登校している人もいました。

 

旦那との出会い

私も学校で出会った友達と夜ご飯を食べた後、近くのバーで飲みなおすことになりました。初めて入るお店だったのですが、オープンテラスもあり、お客さんも多く、お店の前も人通りの多いお店に入りました。

そこで出会ったのが今の旦那です。語学学校に通っていてもやはり英語はまだまだ初級。注文ひとつするにもちょっぴり緊張していたのですが、そこで働いていたお兄さんがなんと日本語ペラペラ。外見はどこからどう見ても外国の方に見えるのですが、話す日本語が流暢すぎて友達とみんなでびっくりしてしまいました。

他の店員さんはそこまで日本語を話せるわけではなかったのですが、それでもゆっくり英語を話してくれたり、わかりやすい単語で話してくれたりして、色々な話ができました。

ハワイでは仕事が休みの日や休日はビーチ横でバーべキューをして過ごす人が多く、彼らも休みのたびにバーベキューをしているようでした。私たちは数日後に行われるバーベキューに来ないか?と誘われたため、語学留学で現地の人と過ごす時間は貴重であり、興味があったため参加してみることにしました。

毎週実施しているため、彼らは準備も手馴れており、牛肉に鶏肉、ウインナーや野菜など様々な味付けでとてもおいしく食べることができました。毎週そんな時間を過ごし、仕事以外の時間も一緒に過ごすことが徐々に多くなりました。

 

外国人と付き合って良かった点と悪かった点

彼と一緒にいて良かった点は、感謝や気持ちをストレートに表現してくれるところです。「ありがとう」「愛してる」日常的に伝えてくれるので、恥ずかしがりやな私も言葉で表現することが普通となりました。また、記念日やイベントはプレゼントや食事など準備してくれます。

逆に悪かった点は、海外の人は付き合ってくださいという言葉を言わない人が多いため、私たちもいつが付き合った記念日なのか不明です。今考えれば、付き合ってくださいの言葉もないのに、よく結婚までしたなぁと自分でも思ってしまいます。

 

ハワイでのデート

ハワイは自然がたくさんあるため、デートはビーチやハイキングが多かったです。私たちは毎週海に行き昼寝をし、暑くなったら海に入ってクールダウン。マクドナルドを買ってビーチで食べたり、バスに乗り有名なビーチまで足を伸ばしたりすることもありました。

また、ハイキングコースもあるため、ハイキングをした後に海に入ったりすることもありました。記念日など特別なデートでは、ディナークルーズに乗り海に沈む夕日を見ながら食事をしたり、夜景を見に行ったりしました。

 

国際結婚のプロポーズ

プロポーズは思い出のビーチでした。彼はすごく緊張していたと言っていたのですが、私はその瞬間まで特に何も疑うことなく、呑気に過ごしていたように思います。

しかし、プロポーズ後の彼は放心状態。かなりドキドキしていたようで、私に緊張していたと打ち明けた後の彼の顔は忘れることができないほどおもしろ可愛い表情でした。

 

ハワイでの注意点

ハワイ(特にワイキキ)に来ている人は確かに女の子を旅行で数日滞在する間だけ遊べれば良いと思っている人が多いのも事実です。私がハワイに滞在している間にも、前回の旅行中に数回会っただけで次に長期でハワイに来ることを決めた人を何度も見ました。

旅行でハワイにいる短期間では相手のことはわかりません。帰国してからも頻繁に連絡をくれるか、仕事や時差を言い訳にしないか、そうゆうところをチェックしなければいけません。ハワイでも日本人の女の子は人気があります。付き合うなら絶対に日本人でなければ嫌だという人がいるくらいです。

しかし、嫌な事、やりたくないことは絶対にNOと言うべきです。相手が「今ちょっとお金なくて。」と言っても、自分が嫌なら払ってはいけません。そういう男はお金を返さない人がほとんどです。嫌われちゃうかもしれないと思い自分の思いを押し殺してまで付き合うのは良くないです。自分がどうしたいか、どうなりたいかを考えて行動すれば、良い人にめぐりあえる機会はたくさんあるのがハワイです。